読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽちネット

ヒトが苦手な飼い主さん〜人・動物の付き合い方〜

心理療法って何?10種の心理療法を受けた私の経験から

わたしは、10年間で10種類以上の心理療法を受けた経験があります。

そんな私が、

「心理療法って何??」

っていうお話しをしますね。

 

1.そもそも 心理療法ってなに?

と思う方、多くないですか?心理療法ってことば、聞いたことありますか?

聞いたことないっていう方もいると思います。

…わたしも最初はそうでした。

そんな言葉も知らなかったです。

 

心理療法ってなに?

心理療法とは、“心理学の技術を用いた心の治療法”

(引用;池見陽『心のメッセージを聴く』(講談社現代新書))

 心理学は「学問」だけど、心理療法は心理学を使った「治療法」なんですね。

 

じゃ、心理学ってなんだろう?

心理学は、心についての学問。

(学問っていうのは、こんなことが新しく分かったよーって発表する業界です)

 

自分も他の人も、みんな持ってるのがこころ。

でも目に見えない。

自分のこころはどこにあるんだろう?

頭の中、脳にあるのかな。

でも心臓がドキドキしたり、鳥肌が立ったりする。

体にこころが宿っているような…。

 

あの人はどう思ってるんだろう?

ふつうは、みんなどう思うんだろう?

そんなことがいつも気になっていたから。

 

 

2.わたしと心理療法の出会い

わたしは最初から「心理療法を受けよう」とか

「カウンセリングを受けたい」と思ってたわけじゃないんです。

 

始まりは、本屋さんでたまたま手に取った1冊の本でした。

大学の売店の小さな本売り場で、

そこに置いてある本はそんなに多くなくて。

 

心理系の学生の課題図書かなにかだったのかもしれない。

 

その頃は、本をたくさん読まなきゃいけない時期だったんです。

でも、読まなきゃいけない本とは全然分野がちがう本でした。

 

なんか、「読まなきゃいけない」って言われると、読みたくなくなりませんか?

で、ぜんぜん関係ない本を手に取ってみたくなるんですよね。

 

その頃のわたしは、なーんかこのままじゃいけないなって思ってて、

いろんな自己啓発書を読んでました。で、読み終わった直後は

「そうだ、そのとおりだ。そうすればいいんだ ‼」って

パーっと光が射したような気持ちになるんだけど、

 

しばらくすると、書いてあったことは実行できなくなってるんですよね。

で、「こんなふうに考えましょう」とか「こうしましょう」って言われても、

それができないから困ってるのにな…と思ってました。

 

で、手に取った本は「この本は今まで読んできた本とは全然何かが違う ‼」

そう感じさせる本でした。それが心理療法についての本だったんです。

(その本のことは、また別のところで詳しく書きますねー)

 

3.心理療法ということば

心理療法…なんかあやしい感じがするような…(^^;)

カウンセリングっていう言葉はよく聞くけど…

ずっと後になって知ったけど、「精神療法」という言葉もあります。

 

なにがどう違うんでしょうね?

結論から言うと、

 

心理系の人がやってるのが心理療法。

精神科医がやってるのが精神療法。

やってる人の違いです。

カウンセリングというのは

「治療じゃなくて、答えを一緒に探すプロセス」という意味合いがあります。

困っている人がいて、その人のこころに向き合うことは一緒なんだけど、

誰がやってるか、誰が言い出した考え方か、によって言い方が変わるんです。

 

その業界の外にいる人にはわかりにくいですよね。

実際に苦しんでいる人の立場から言えば、

役に立つものなら、名前は何でもいいんですけどねー(^^;)

 

ちなみに、10年間でわたしが実際に体験した心理療法は、

認知行動療法、クライアント中心療法、ゲシュタルト療法、

内観療法、催眠療法、フォーカシング、自律訓練法、

再決断療法、非構成的エンカウンターグループ、ハコミセラピー、

ファミリーコンステレーションなどです。

 

またお話ししますね。