読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽちネット

ヒトが苦手な飼い主さん〜人・動物の付き合い方〜

子どもを持たない人生を選んだ5つの理由

子どもを持たない人生を選んだ5つの理由

1.自分みたいな子が生まれたらかわいそう(と思っていた)

こどもの頃から、なんとなくそう思ってました。目に見える障害があるとかじゃないんです。漠然と「自分はいないほうがいい」存在なんだって感じてました。

 

自分と同じような思いをしたらその子がかわいそうだなと思ってました。小学生でそんな風に思う子どもなんて、子どもらしくない…。変に冷ややかに世の中を見てる子どもでした。

2.母と同じことをしそうで心配だった

小学生までお母さんが怖くて怖くて仕方なかった。叱られる時は竹刀で叩かれるから。うちのお母さんは強烈なキャラです。あんな風にはなりたくないとずっと思ってました。

 

おとなになって分かるようになったけど、彼女は自分ひとりのことで精一杯な人だった。もし自分が母親になったら無意識のうちに同じ罪を犯しそうでそれが怖かったです。

3.子どもが嫌い(だった)

1)子どもは残酷!

子どもは無邪気だけど残酷だ。ずけずけと正直に言いたいことを言ってくる。わたしには、“子どもらしい”子ども時代がなかったんだと思います。“子どもらしい”っていうのは、泣きたいときに泣いて、やりたいことをやることだ。たまにはわがままを言っても許してもらえてることだ。

 

わたしにはそういう子ども時代がなかったです。自分が大きくなって、目の前に無邪気な小さな子どもがいるとどうしていいか分からなくて固まってました。

2)女性は子どもが好きなもの(?)

なーんか、そういう見方がありますよね。大学生のとき、他の女子が子どもを見て「わぁーかわいい♡」なんて言ってるのを見ると焦りました(^^;)。どうしよう、自分は子ども苦手なんだけど、そういうわたしってダメな女?みたいに思ってました。男子は子ども好きな女子が好きですよね?(そうでもない?)

4.不妊治療は「子どもが欲しいフリ」だった??

1)子どもを産む決意をした!

そんなわたしも「子どもを産もう」と決心した時がありました。わたしが子育てに自信がないことを夫が理解してくれたから。例えばもし障害がある子どもが生まれたとしてもその時はふたりでがんばろうとまで夫は言ってくれたから。「夫婦ふたりが仲がよければ子どもは大丈夫(ちゃんと育つ)」と。その気持ちにわたしも応えたいと思いました。

2)ところが不妊!

不妊とは、結婚して普通(って何?ビミョーだけど)に夫婦生活をしてるのに2年以上妊娠しない状態をいいます。で、うちは不妊でした。検査をしたら、夫は健康でわたしの体に原因があることが分かりました。夫も、わたしの両親も、夫の両親も、わたしの妊娠を望んでたから、わたしは回りの期待に応えようと不妊治療に行き始めました。

3)不妊治療をがんばる

不妊治療って、検査でも治療でも痛いこといっぱいされるんです。毎日注射とかね。不妊専門のクリニックだとあれこれ耐えるのが当たり前になってて、そんなもんだと自分に言い聞かせてました。

 

注射のためだけに行った近くの産婦人科で看護師さんに「ココ(注射の跡がある腕)痛いでしょう?」と言われてどっと涙が出てきたりしました。わたしはガマンしてガマンしてガマンしてました。その頃は「どうだ!」って感じ(←被害妄想です)にお腹が出た妊婦さんを見ると惨めな気分になってました。

4)ほんとは怖かった

きっとわたしは頭では子どもが欲しかったけれど、体ではそれを拒否してたんだと思います。本当は妊娠するのも出産するのも子育てするのも怖くて怖くて仕方なかった。そういう無意識の思いが体に変化を起こさせて、子宮の病気を作ったんじゃないかな。受精卵が着床するのを子宮が拒否してたんだと思います。

 

毎月、生理が来て妊娠してないことが分かると、がっかりしました。でもどこかにホッとしている部分があってそれは誰にも言えなくて「子どもができなくてかわいそうな人」を無自覚にやってました。

 

5.まず自分を大切にしたくなった

 1)ある日突然!

何年か不妊治療を経験して、わたしはある日ぷつっと切れてしまいました。もうやめたやめたやめた~っ!!夫は協力してくれていたけど、痛い思いしてるのはわたしだけじゃん!

 

夫の両親もわたしの両親も「まだかまだか」と初孫プレッシャーをかけてきて、孫が欲しいという自分の気持ちしか考えてない。わたしの気持ちなんて何にも考えてない!わたしのからだは「孫 製造マシン」じゃない、わたしのからだはわたしのものだ。何を言われても知るもんかー‼と。

 

自分の気持ちに正直になるために、ここまで自分の体を痛めつけないとわたしは自分がどうしたいか分からなかったのでした。「自分の気持ちを大事にしよう」と気づいたとき、わたしは30代後半になっていました。

 

高校時代の同級生で早くに結婚して「子どもなんか大嫌い!」と言って子ども持たない宣言をしている人がいたんだけど、わたしには堂々とそう言える強さがなかったんですよね。ずいぶん遠回りをしました。

2)不思議なことに

「自分を大事にしよう」と思うようになったら、近所の子どもたちがかわいく見えるようになりました。今は子ども好きですよ。もう妊娠はできないけど、それでいいんだって思うようになりました。妊娠も出産も子育てもわたしのような思いをしなくてもできる人に任せればいいんだ。

 

苦手なことをあえて『しなくていいんだ。』わたしはわたしにしかできないことがきっとあって、そうなったんじゃないかなって今は思います。