読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽちネット

ヒトが苦手な飼い主さん〜人・動物の付き合い方〜

依存ってなに?愛犬に依存してしまいそうになる3つの心理

1.依存ってなに?

「依存」って言葉、

なんだかイヤな感じの響きがありますね。

 

依存は良くないもの。

みんなそう思ってる。

でも、

なにかに依存してしまいそうになる心理って、

多かれ少なかれ  誰の中にもある気がします。

 

<依存とは>

いそんかんけい【依存関係
1 ある人・物と他の人・物とが、互いに頼り合う間柄であること。

…(略)
いそんしょう【依存症
《「いぞんしょう」とも》ある物事に依存し、それがないと身体的・精神的な平常を保てなくなる状態。アルコール依存症のような物質に対するものと、インターネット依存症のように行為に対するもの、共依存のように人間関係に対するものがある。       (出典:デジタル大辞泉)

 

依存っていうのは  それがないと平常な精神状態を保てなくなること、

依存関係っていうのは  お互いに頼り合う関係のことをいうんですね・・・

 

f:id:haruet:20161008100510j:plain

2. 犬の側にある要因

1)犬は一生を飼い主にゆだねている

食べるごはんも、飲む水も、犬は飼い主に生きるすべてをゆだねています。

 

いつ動物病院に行くか、治療はどうするか、飼い主が決めたとおりに

犬の一生は決まっていきます。犬はそれに従うことしかできないです。

2)犬は純粋・飼い主が大好き

犬は純粋でウソがなくて罪がなくて、けなげです。

犬は飼い主さんのことが大好き。

 

大好きで大好きで、じーっと飼い主のことを見つめています。

こんなに温かいまなざしでずーっと注目してくれるって

 

人間どうしの関係ではそんなにないんじゃないかな。

 3)犬は群れで生きる動物

犬はもともと群れで生きる習性があり、

一緒に暮らす人間が、犬にとっては同じ群れの家族になります。

犬は一緒に暮らすメンバーとの関係性を大事にする生き物です。

 

飼い主が家に帰ると

夜遅くても大喜びしてくれます。

 4)犬は温かい

犬は撫でてもらうのが好きです。

血がかよっているので肌に触れると温かいです。

毛並みも触れるとあったかい。

温もりに触れていると心が落ち着いて安らぎます。

 

3. ヒトの側にある3つの心理

❶寂しい・心のよりどころがない

こころにすき間があって、いつもどこかに寂しさがある。

どこか充たされてなくて、

温かさを求める渇望感のようなものがある。

 

そのルーツは

子どもの頃の親子関係にあるんじゃないかな。

❷犬が大好き

犬のことが可愛くてかわいくて仕方ない。

自分の子どもみたいに可愛がっている。

犬なんだけど、人間みたいな存在になってる。

家族っていう言葉がいちばんしっくりくる。

 

わたしには子どもがいないけど、

人間の1才か2才ぐらいの子どもと

一緒に暮らしてる感覚に

近いんじゃないかなぁ。

❸人付き合いが苦手

深くつながっている相手がたくさんいる人は、

誰かに依存する必要がないです。

苦しいとき自分の本音が言える相手がたくさんいるから。

 

依存してしまいそうになる人は

人と表面的にはうまくやっているようで、

深いところでは自分を出してない。

無自覚にどこかでガマンしている部分がある。

 

安心できない人間とつながるよりも、

安心できる犬とつながるほうがラクだから。

 

気がつくと犬に向かって話しかけたりして… U・x・U

これってわたしのことです。 

 

(今はちょっとずつ変わってきてます)