読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽちネット

ヒトが苦手な飼い主さん〜人・動物の付き合い方〜

初めて犬を飼う?犬と暮らす5つのメリットとデメリット

イヌ歴40年のわたしが、犬と暮らすメリットとデメリットをずばり教えちゃいます‼

1.犬と暮らす5つのメリット

⑴犬はカワイイ💖。心が安らぐ。

なんと言ってもカワイイ!!犬と目と目が合うと、幸せホルモンが出る(キュン)。

(参考;「ヒトとイヌの生物学的絆を実証」http://www.azabu-u.ac.jp/topics/2015/04/post_555.html

犬好きさんが、犬を飼うのがやめられなくなる理由はコレ。「大好き~」という熱い視線を送ってくれます。帰りがどんなに遅くなっても、気づいて喜んでくれる。スヤスヤ眠る寝顔を見るのも癒されます♡。

⑵犬は家族の仲をとりもってくれる。

犬のことが共通の話題になります。それまで会話がなかった夫婦や親子が、犬の話題で自然に語り合えたり。夫婦ゲンカすると犬がふたりの間を行ったり来たり…。犬が心配するからケンカをやめようと気づいたりします。

 

⑶犬のお散歩で運動の習慣がつく。

犬には1日2回、20〜30分の散歩をするのが理想的。自分も運動がしたい人は、一緒 に歩いたり走ったりすれば、一石二鳥‼︎  犬のためと自分のために!運動が苦手な人でも運動の習慣ができます。

⑷犬がいると初めて会う人でも話すきっかけになる。

犬を連れていると、犬が好きな人が「かわいいですね」とか「犬種は何ですか?」と笑顔で声をかけてくれたりします。犬がいることで獣医さんやドッグランのオーナーさん、他の犬の飼い主さんと知り合えたりします。

⑸犬がいると防犯に役立つ(こともある)。

これはその犬の性格によります。人見知りをしない犬は、知らない人にも吠えないのでー(^_^;)。犬は耳がとても良いので、人が気づかないような小さな音にも気づきます。気づいた音を知らせてくれるかどうかは、しつけ方で変わります。

2.犬と暮らす5つのデメリット

⑴犬の寿命は人より短い。

犬の寿命は大型犬では10年前後。小型犬では12~3年前後です。それよりずっと長生きする犬も、もっと早くに病気で死んでしまう犬もいます。犬を飼うときは、いつか必ず見送る時がくることを忘れないようにしたいですね…。

⑵犬と暮らすとお金がかかる。

地域によって違いがあります。例えば、病気で動物病院を受診すると1回で1万円を超えることがけっこうあります。大きな手術では数十万円とか。元気なときも年に1回は混合ワクチンや狂犬病の予防注射が必要です。ごはんは手作りとドッグフードの併用がベストで、ドッグフード代やおしっこシート代もかかります。「吠える、咬む」のに悩んでしつけ教室に行こうとすると、数万円〜数十万円かかる教室も。

⑶犬のしつけは大変!

その犬の持って生まれた性格によって、手がかからない犬としつけが大変な犬がいます。実際に飼ってみないと分かりません。例えばチワワは、おとなでも体重3キロ以下が多い小型犬ですが、おとなしいか・すごく気が強いか、両極端です。チワワは小さくて外見はカワイイけど、気が強いときはしつけがとっても大変です💦。

⑷犬の散歩は大変!

散歩に行かないと、犬はストレスがたまって吠えやすくなったり攻撃的になったりします。散歩がキライな犬もいますが、家の外の世界を知らないと怯えやすく逆にストレスを感じやすくなります。肥満で病気にかかりやすくなってしまうことも。なので毎日散歩に行ってあげたいところですが、これがなかなか大変です💦。

⑸犬がいるとそうじが大変!

子犬は1日に10回ぐらいおしっこをします。決まった場所でトイレができるようになるまでは部屋のあちこちでしてしまいます。根気強〜〜く教えてあげないとダメです。子犬の時は自分のうんちを踏んでしまって💦子犬の体がうんちまみれになることも(T_T)。抜け毛がじゅうたんや服に付くので、抜け毛を取るためのコロコロ(?)は必須です。

 

ーー以上が「犬暮らす5つのメリットとデメリット」でした。デメリットを知った上で、犬を飼うかどうかを決めてくださいm(_ _)m。犬はわたし達と同じように心を持った生き物です。犬を飼うのは子どもを1人迎えるようなもの。世の中には犬が病気になったからと言って捨ててしまう、信じられない無責任な人がいるそうです。そんな悲しいことがなくなりますように…。どうかよく考えてから迎えてください…(*^^*)。